日給に関する誤解に気を付けよう

日給制とは、文字通り、1日単位で賃金が設定されている給与形態のことです。

日給制について深く知ろう〜メリットとデメリット

日給に関する誤解に気を付けよう 日給制とは、文字通り、1日単位で賃金が設定されている給与形態のことです。定められているのはあくまでも1日あたりの賃金であって、支払い方法までは定められていません。ですから、日給で日払いと言う事業所もありますし、週払い、月払いの事業所もあります。

日給制のメリットとしては、まずは働いた日数分だけ賃金を得ることができると言う点にあります。そのため人手不足などで、労働基準法に触れない範囲内でいくらでも働くことができると言う場合には、まとまった賃金を得ることも可能です。また手元に入る金額についても計算しやすいと言うのも、日給制のメリットです。特に極めて短期間の仕事においては、この日給制が導入されていることが多く、その場合には賃金が日払いで支払われます。そうした仕事を利用すれば、短期間で効率よく賃金を得ることができると言うのもメリットと言えます。

反対に日給制のデメリットとしては、働いた時間と賃金に連動性がないことも多いと言う点が挙げられます。1日単位での賃金が設定されているわけですから、どれだけ長く働いても、賃金が買わないと言うこともあり得ると言うわけです。このデメリットを防ぐためには、事前に残業代は別途、つくのかどうかをチェックしておく必要があります。また事業所の都合などによって、働くことができる日数が少なくなってしまった場合には、日給制の場合は得ることができる賃金が減ってしまいます。そうした賃金の不安定さが発生し得ると言うのも、日給制のデメリットのひとつです。